メタルコアは根管治療とクラウン(被せもの)との接続詞

「メタルコアは根管治療とクラウンとの接続詞」とは、歯科臨床界の大御所、小倉で開業のS先生の名言である。いくら根管治療とクラウンが良くても、その中間である土台のメタルコアが駄目なら歯の長期保存にはつながらないとの意味である。S先生のセミナーはまだ途中であるが、おかげで最近は採算の合わないと言われている根管治療とメタルコアに新たな楽しみを見出している。はっきり言って、インプラントよりもはまっている?どんな世界でも、やっぱり基本は大事だ。

 左側に見える白いものが根管治療中の仮づめ

 仮詰めをとったところ 扁平な根管がみえる

 メタルコア(土台)の寒天による型どり

 できあがったメタルコア

 合体させるとこんな感じ

 歯に装着 この後出っ張りを削ってクラウンを被せる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる