小矯正治療開始

数年前に受講した矯正セミナーの知識と技術が錆びつかないようにと、簡単な小矯正はなるべく自分で行うようにしている。写真は65歳男性の方。歯周病があり、歯並びを治さないとメインテナンスが困難であることと、ご本人も以前から気にされてはいたので、ついに矯正に踏み切ることになった。一つの症例でも様々な手法があり矯正専門医の間でもやり方が異なることがある。要は原則や基本は守ったうえで、後はアイディアしだいとのこと。歯科治療計画を立てるのは、様々な引き出しから組み合わせる頭の体操チックなところがある。引き出しが増えるように情報は入手し続ければならないが、誤ったエビデンスの無いような、いわゆるガセネタだけはつかまないようにしたい。(長谷川)

 正面観

 咬合面観

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる