根管治療とCT

神経を取った歯は、ある程度の確率で、根っこの先に膿の袋ができてしまう。数年前に他院で行われた根管治療が予後不良で、紹介で来院されたNさん。抜歯となる可能性にも言及しながら、再根管治療を行った。治療後半年でレントゲン上で膿の袋が消えて、骨が再生している様がうかがえた。しかし、さらに2ヶ月後にCTで確認すると、治癒傾向はうかがえるものの、まだ完全に骨が元通りになったとはいえない状態であった。もう1年くらいしたら再度CTでチェックしてみたい。自分がやった治療が治っているのかいないのかを診るのは、やはり必要なことだと思う。治れば楽しい根管治療である。(長谷川)

レントゲン 術前(左)根っこの先から広がる黒い部分が顎の骨が溶けてしまった膿の袋 根管治療後半年(右) 黒かった部分が、白くなって骨再生がうかがえるが・・・

更に2カ月たってCTチェックしたところ、まだ完全には骨再生していない。結構時間がかかるようだ。術前(左)根管治療後8カ月(右)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる