労務管理とインプラント裏話講演会

金曜夜は東京歯科保健医協会が主催する労務管理「採用から退職まで」の講習会を受講した。講師は労働監督基準局の主任の方であった。集まった歯科医は多く、みんな人の問題で頭を悩まされていることがうかがえた。通り一遍の話になるとおもいきや、実践的な話も含まれ、わかりやすい講習であった。質疑応答では当院の例をあげて質問をした。非常に参考になった。
土日の週末はインプラント骨造成テクニックでは世界一といっても過言でない福岡のY先生のインプラント関連の講演を聞いた。他のよくある講演会では、うまくいった症例しか出さず、単なるスライドショーで終わってしまうのが歯科界の常だが、今回は同じ学会の内輪の集まりという事で、通り一遍の話ではなく、裏技、トラブル対処法、説明の仕方、等々多くの知らなかったことをご教授いただいた。症例相談では私の悩んでいるケースに1時間も時間をさいて、お答え下さった。インプラントはもはや高度先進医療ではない。ただ単に普通のインプラントができるだけでは患者さんは来ない。人のできない事、技術を追求していかなければ生き残ることはできない。この競争を放棄したりすれば、たちどころに歯科医としての衰退がはじまる。
少々疲れ気味だが、両講習会とも参加して良かったと心から思った。
来週末は小倉のS先生のコースである。ふー、まだ宿題やってない。

名称未設定-1

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる