歯周組織再生療法

歯周病は歯の周囲の組織が細菌等に侵されてしまう疾患である。エムドゲインというエナメル質のタンパクを清掃した歯根の表面に塗布すると、失われた歯周組織が再生するという治療法がある。夢の治療法のように聞こえるがその歴史は浅く、再生とはいうものの完全ではないようだ。幹細胞(色々な細胞に分化できる細胞)を歯根面に移植するならまだしも、タンパクを塗っただけで歯根膜(歯周組織の一つ)が再生することに疑念が抱かれてもいる。しかし、従来の歯周外科では得られない、より良い結果が得られるのも事実のようだ。後者の点については、自分の臨床の中でも徐々に検証できそうだ。インプラントよりサイエンティフィックでエキサイティングな分野であり、今後の情報に注目していきたい。(長谷川)

 手術時の状態。歯根の周囲の骨が溶けてしまっている。

 歯根表面を清掃しエムドゲインを用いて再生療法を行った。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる