歯周組織再生療法

歯周病については、EPICや上水塾(いずれも日本を代表する歯周病専門医が主催するセミナー)で学んだことを実践し、検証する毎日である。この症例は、40歳代女性で、歯周病に侵されていたが「なるべく歯を残してほしい」とのことで来院された。右下大臼歯部の骨欠損に対してエムドゲイン(エナメル質のタンパク)と骨補填剤を用いて再生療法を行った。

 歯肉を開けると歯根面に歯石の付着が認められる。

 歯石を除去し、根面をできるだけ清掃する。

 エムドゲインを塗布する。

 別角度からの骨欠損の様子。

 エムドゲインと骨補填剤を充填した。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる