感染根管治療前後のCT

難治性の根管治療のCT撮影が保健に導入された。患者さんにとっても医療従事者側にとっても福音である。3次元的なものを扱う歯科にとって、2次元的な従来のレントゲンだけでは診断に限界があった。CTの活用で診断力の向上を図りたい。また患者さんには画像を印刷してお渡しした。

  左(術前)右(術後)根尖病変の収縮が認められる。上顎洞粘膜の肥厚も改善している。

  同じく3次元構築画像でも同様の所見が認められる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる