再生療法断念

奥歯が重度の歯周病となり、歯の動揺がでてきたAさん。再生療法をトライしようとしたが、根尖近くまで骨がなくなっていたのと、根が分かれている股の部分周囲の骨もない事、根面を完全近くきれいにすることは今の私の技術では難しいと感じたこと、歯の動揺のコントロールが難しいと感じたことから、術中に再生療法が成功する確率は極めて低いと判断し、できるだけ根面を清掃した後、再生療法は断念した。術後1年経過で、Aさんは、この歯でかめるとおっしゃっているが・・・・今思うに、この歯を保存するために再生療法をするのでなく、この歯が失った時にインプラントができるように骨補填はしておくべきだったろうと悔やまれる。

 術前 膿がでている(矢印)

 術中 CTである程度把握していたが予想以上に大きい骨欠損

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる