太り具合と食生活と歯周病


アメリカ歯周病学会誌に岡山大学のグループが掲載していた論文。肥満度と食生活と歯周病の関係について18歳から25歳までの801人(男413、女388)の学生を被検者として調査された。BMI18.5未満をやせ型、18.5~22.9を正常、23以上を太り型とし、それぞれの内訳は21%、62%、17%であったという。調査の結果、太っている人が脂肪の多い食生活をすると歯周病は悪化しフルーツや野菜を多くとる食生活の改善によって歯周病が改善されるとのこと。ただ、やせ型やノーマルな人は食生活と歯周環境との相関はほとんど無いとのこと。ちなみに私のBMIは22.59とぎりぎり正常範囲内である。あと2キロ太ってしまうとBMIは23を超える。最近プールに行く回数がめっきり減っているので今日こそはと思っていると所長から「カミさんから今日はご飯ありませんとメールがきたので、おまえつきあえ」とのお声がかかった。仕方なくその日は診療所近くの居酒屋へ。サラダも食べたとはいえ完全なFatty foodだった。肥満にも歯周病にもなりたくなくて食事も面倒なことを考えず楽しみたいので今日こそはプールへ行こう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる