籠原物語

週末、植野所長夫人が院長をされている熊谷から一駅の籠原の診療所を手伝いに行った。相変わらず、若手だが天才肌のT先生はセンスの良いインプラント治療を展開していた。そのへんのインストラクターよりよっぽどうまい。表に出ていなくても才能あふれる人はいるものだ。このブログの臨床写真が恥ずかしく思えてくる。T先生が6月いっぱいで辞めてしまうので引き継ぎをしなければならない。様々なテクニックを駆使している途中だけによく話は聞いておかないと。診療が終わった後、11時過ぎまで飲んでいたら東京方面の終電は終わってしまったとのこと。北海道のK先生から「今、上野で飲んでるんだけど、こない?」とのお誘い電話も断らざるを得ない。駅近くのビジネスホテルは、熊谷で開かれている陸上全日本選手権の影響で満室だった。所長宅に泊まることに。翌朝、籠原駅ビルのリトルマーメイドで朝食後、東京に戻った。来週は九州小倉でのセミナーであるので英気を養っておかないと。

 植野所長の足首に入っていたボルト
 ミシガン大学のユニフォームで仕事
 籠原駅ビルのリトルマーメイドで朝食 半熟玉子カレーパンが絶品

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる