根管治療の楽しさと苦しさ

今週末は小倉の下川先生のセミナーで九州に行く予定だ。今回はいままでの総括として講義中心とのこと。このコースを受講して根管治療の概念が、基礎医学に立脚した下川理論によって大分変化した。歯科治療の中で最も不確実(下川先生談)で保健制度上最も不採算な部門であるが、教わったイメージを元にどこまで根管治療の成績を上げられるか。精進のしどころである。(長谷川)

 術前 歯肉が腫れている

 根管治療により腫脹が消失 いつもこういけばいいのだが。。。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる