歯周外科とセラミックブリッジ

上の中央の前歯2本を歯周病でグラグラになって失ってしまったAさん。インプラントでの修復を希望されたが、骨を人工的に作ってからでないとできないと申し上げたところ、セラミックブリッジを選択された。ブリッジの橋脚に相当する歯に対して歯周外科で歯肉を開けて歯石を取る事を行った。これを行わないと、歯周病が進行してグラグラになりブリッジが総崩れになる恐れがある。どこまで、もたせることができるか。今後のAさんと我々側のメンテナンスは極めて大事。(長谷川)

上顎前歯2本欠損 ブリッジの予定だが・・・

ブリッジの支えになる歯が歯周病なので歯周外科を行った。歯肉に隠れていた歯根表面に歯石が見える(矢印)。

歯石除去後ルーペで確認。取り残しがある(矢印)。肉眼治療の限界を感じる。できればマイクロスコープ使用が望ましい。

反対側の歯の歯石(矢印)。これをきちんととらないと、やがて歯がぐらぐらになってしまう。

歯石除去後

縫合して治癒を待つ。無論この上には仮歯を入れている。

セラミックブリッジ(上前歯6本分)装着直後 技工はアラム技工所の田中氏

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる