厳しい再生療法のケース

どう考えても抜歯のケース。患者さんの強い希望で再生療法を試みたが、手術中も、ほぼ抜けてる状態で、冷や汗もの。歯の保存という点では失敗する確率が高く、将来のインプラントに備えるための処置であると説明せざるを得なかった。(長谷川)


表側観 歯の周りの骨が大幅に溶けて今にも抜けそうのところを、骨誘導剤で満たす

裏側観

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる