明日から学会

明日から2日間、新宿の京王プラザホテルで日本臨床歯周病学会が開催される。学会よりもセミナーの方が自分の仕事上の肥やしになるので、しばらく学会参加は避けていたが、周囲の先生方の圧力に押されて今回は参加することになる。
プログラムを見て、ためになりそうな演題を探す。過去に所属した学会と異なり、著名な先生や話ができる間柄の先生が多く(まあ、それだけ年をとったということだが・・・)、ある程度は楽しめそうだ。外国人演者もいて、同時通訳がある。レシーバー無で、英語力を確認するのもいいかもしれない。
プログラムとは別に、学会誌も仕事場に送られてきた。おもしろくない学会誌もあるが、この学会のは、おもしろい。歯周病治療は、やっぱりサイエンスとアートの融合形といえるのだろう。

歯科医の業界では有名中の有名人M先生の記事の最後にでていたのは、「歯周病治療の成功は患者さんの理解と協力が大きく影響するので、初診患者のための歯周病説明会をはじめとして、常に長期的な患者さんとの信頼関係構築のための努力を惜しまない事が重要」というコメントである。

うちの医院は日本経済の中心地にあり、うるさいけど頭のいい患者さんが多いはずだ。企業むけの無料講演会などを企画してみようか。興味のある人がどのくらいいるかわからないけど。かつて、M銀行の患者さんからデジカメを使っての口腔内説明に関する講演会を依頼された事があったが、当時多忙だったこともあって断ってしまった。複数人数の前で話すのは、学会発表や大学の非常勤講師もやっているので、うまいかどうかは別にして、苦手意識は無い。

今度の会議にでも提案してみるか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる