咬合崩壊に待ったをかける

様々な理由で歯医者に行っては途中で挫折して、かみ合わせが壊れてしまったまま時間が経過した患者さんです。残存している歯は条件が悪く、通常であれば全部抜いて総義歯にするケースですが、様々な薬を飲まれていたり、若干歯科恐怖症(「インプラントなんてとんでもない」とおっしゃっていました)みたいなところもあって、長期には無理だがしばらく使えそうな歯を選んで部分入れ歯で対処せざるを得ませんでした。今回は挫折せずに何とか、一時的なゴールにたどり着くことができました。かみ合わせは阿部晴彦先生が開発した器具で再建できたので、将来総義歯に移行するときもスムースにいけると思います。本当に便利な器具です。写真左が術前、右が術後、下段がかみ合わせを効率的に3次元的に構築できる阿部晴彦先生が開発した器具です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる