矯正用ミニインプラント(TAD)の応用(東京大手町勤務歯科医の矯正ブログ)

歯を動かすために様々な考え方、装置があります。近年、矯正の世界では革命的と言われているTAD(Temporary Anchorage Device)が普及しています。いわゆる矯正用のミニインプラントと言われるものです。このケースは下の一番奥に入れたインプラントの相手である上の一番奥の歯が回転して下に降りてきています。このままインプラントの被せ物を行おうとすれば、相手の歯をある程度削らなければなりません。かつては大掛かりな装置やワイヤーを駆使しなければならなかったところをTADを適切に使えば簡便に効果的な歯の移動ができるとされています。インプラントが骨とくっつくまでの期間を利用して徐々に動かしているところです。今回は最近出版されたばかりの私の尊敬する先生の本を参考にしました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる