とある入れ歯の制作風景(東京大手町勤務歯科医の総義歯、全顎治療ブログ)

70代男性の方でした。主訴は「入れ歯がガタガタで咬めない。残りの歯が揺れていて痛い。」でした。残存歯を抜歯し仮義歯を経て本義歯に移行しました。院内技工士がおりますが、模型上でのシミュレーション、人工歯配列は総義歯の場合、ほとんど私が行っています。歯科医が技工をやることで見えてくる部分があることを散々経験しました。師の阿部晴彦先生には感謝しかありません。

ほとんど歯が残っていない状況

入れ歯を入れてもどこで咬んでいいのかわからない

保存可能な歯はありませんでした

歯が残っている状態のまま型取りををします

石膏をついで模型を作りこれを器具で分析します

咬む位置がずれているかもしれませんが、とりあえず上下の関係を記録します

模型上で歯の無い状況を設設定します

仮義歯の人工歯配列を行いました

人工歯配列が終わったところです

抜歯しました

抜歯したところを縫合し、仮義歯を入れていきます

上の仮義歯です

下の仮義歯でです

抜歯後の傷が治り、仮義歯の調整が終わったところで本義歯製作にはいります。特殊な器具を使って人工歯配列を行いました。

本義歯の人工歯配列が終わったところです

出来上がった本義歯

術前と術後の正面観です

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる