BACK TO THE BASICS

 7月5日の日曜日に代官山で開業されている若林先生の「ドクター向けのシャープ二ング、SRPセミナー」がGC主催で行われ参加予定である。シャープ二ングとは歯石を取る道具であるスケーラーを研ぐこと、SRPとは主に歯周ポケットができてしまっている根面をきれいにすることをいう。
今までインプラントや歯周形成外科、歯周再生療法など華やかなほうばかり勉強してきたが、今年は基本にたちかえろうと思う。セミナー開催の趣旨は、ドクターとスタッフ(衛生士)とのコミュニケーションをより円滑にすることだという。
シャープ二ングの基本やスケーリングの際の正しいポジショニングを本の中ではなく実習を通じて、再度学んでこようと思う。
最近、伸び悩みを感じている。今回のセミナーを皮切りに、本年9月より二階堂先生の歯周治療9か月コース、来年か再来年には北九州の下川先生のベーシックコースがひかえている。

BACK TO THE BASICS。 むかし空手をやっていた時、師範は元極真の3段でジャッキーチェン、アンディフグ、ハルクホーガンらと親交が深く、空手ワールドカップ(今のK1)にも出ていた方であった。彼が「俺は強いなんて言ったって、一時のもんです。華麗な技ばかり目が移りがちですが、やはり大事なのは基本です。あの極真でさえ基本に割く時間を増やしたそうです。」と言っていたのを思い出す。
どんな世界でも基本がおろそかだと、どこかで伸び悩むということだろう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる