久々の休日

 先週の祝日は日本審美歯科協会の記念大会が東京国際フォーラムで行われた。メンバーはほとんどが九州勢で、そうそうたる顔ぶれが集結していた。福岡開業の林先生の「今や歯科界はインプラントバブルからインプラントトラブルの時代に入った」の言葉が印象的だった。「動画で見る基本事項と最新機器を用いた治療技術の確認」と銘打たれた会場に腰をおろした。根管治療については参考になる部分があり、さっそくそれ以降の自分の臨床に取り入れた。小さなことではあるが、役に立ったと思う。反面、歯周外科やインプラントには、あまり見るべきものが無かった。林先生も「ベテランの先生は下川先生の講演の会場に行ってください。」と冒頭におっしゃていたけど。
会場では、松戸で開業の関東支部副会長の渡辺先生に、ひょこっと会ってしまい、「5月の関東支部会の発表、お願いしますね。」と念をおされてしまった。現在着々と準備中ですよ。北九州の審美修復で有名な先生も見に来るかもしれないので、あんまりみっともない症例発表はできない。まあ評価はどうあれ、チャンスを与えていただいた渡辺先生には感謝したいし、面を汚すわけにもいかない。EPICセミナーで学んだプレゼンのやり方を自分なりに消化したい。
とまあ、そんなわけで、今日は久々の休日である。桜はまだ4部咲き程度であったが(下写真)、天気が良いのでカミさんと井の頭公園に散歩に出かけた。満開でないにもかかわらず、結構宴会勢が思ったより多かった。まあ、満開時にはとても歩ける状態ではないし、くさいから今くらいがかえってちょうどいいのかもしれない。
桜シーズンの我が家の恒例行事は千鳥が淵のボートにのり息子の写真をとることである。息子が1歳の時から始めているので今年で16年連続となる予定である。ほぼ同じ条件下で1年ごとの顔や体の変化がよくわかり興味深い。高校生になった今も別に嫌がらずに付き合ってくれている。
千鳥が淵の桜の写真を60秒ごとに更新しているサイトを見つけ、結構咲いていることが判明した。即、明日行くことが決定された。満開時のボート乗り場は昼間は2時間待ちである。あすはどうなることか。EPICセミナーの宿題論文でも読んで時間をつぶすかな。なかなか普段読む気がしないので。

IMG_0116_edited-2.jpg

千鳥が淵の開花状況はこちらから

千鳥が淵ライブカメラ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる