前歯部インプラント

歯根破折で抜歯となった症例。ソケットプレザベーション(抜歯後の穴に骨造成を行う術式)後、インプラント埋入。患者さんは満足されているが、「埋入深度がもっと深ければ、より審美的になった」と術者は悔し涙。

 (術前) 写真左から3番目の歯は割れていて保存不可能

 抜歯

 抜歯後の穴。唇側の骨はなくなってしまっている。吸収性の人工膜を設置。

 骨補填材で穴を満たす。

 数カ月後、骨造成を確認したのちインプラント埋入。

 2次手術時に口蓋の結合組織を移植。

 上部構造装着。患者さんは満足されているが、術者(私)は不満。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる