ソケットリフト10年後

4か月ごとに定期健診に来院されるKさん。2001年に私が初めてソケットリフトを行った。骨頂から上顎洞底までの距離が5ミリしかなく10ミリのインプラントを入れるために行ったものである。術後、慢性の上顎洞炎が急性化し、抗生剤で鎮静化した。骨は十分にできて、昨日でちょうど10年経過したことになる。幸い経過は良好である。下の4本のインプラントは14年目である。天然歯の歯周病のケアをしてこれ以上インプラントを増やさないように、Kさんをサポートしたい。今であればサイナスリフトで対応すると思う。

 骨頂から上顎洞底までの距離が5ミリしかない。

 ソケットリフトで骨造成とインプラント治療を行った。

 下の4本のインプラントは14年目。定期健診にもきちんと来院され、安心して見ていられる。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる