ソケットプレザベーション(抜歯後歯槽骨保存術)

抜歯をした後、自然治癒を単純に待つと、たいがい骨はやせて治癒する。これが時に骨量不足でインプラント埋入を困難にする。後から造骨処置を別にしなければならない等、患者さんには負担が大きくなることもある。これを防ぐために抜歯直後の穴に骨誘導材をつめて、のちのちのインプラント埋入を有利な条件で行おうとするのがソケットプレザベーション(抜歯後歯槽骨保存術)である。下のケースは奥歯が歯周病になり、抜歯となった直後にこの術式を行ったものである。重度の歯周病で歯の周囲の骨は大きく喪失していたが、4カ月後骨化を確認し無事にインプラントを埋入することができた。

 術前 左端はインプラント その手前の歯が化膿しており重度の歯周病であった

 術前のレントゲン 歯根の周囲の骨が吸収しているのがわかる

 抜歯直後

 骨補填材をつめる

 骨補填材が漏れ出さないように膜で覆う

 4カ月後 補填材の骨化を確認 この後インプラントを埋入した

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる