たくさん入れりゃいいってもんでもないけど・・・

栃木から通われるHさん。約10年前に、「入れ歯は嫌なのでインプラントに変えてほしい」という今では珍しくないパターンで来院された方だ。この当時は今ほどインプラントをやっている医院も少なく、造骨の概念も浸透していなかった時代だった。この症例も薄い骨には径の小さいインプラントを埋入し、欠損1本に対してインプラント1本が必要と言う当時の原則にのっとって行った。術後9年目で特にトラブルが無いのは今から思えばラッキーとしかいいようがない。歯ぎしりがほとんどない事、メインテナンスをまめに通っていただいていることなどが、今のところ幸運な結果になっている要因か。今なら、サイナスリフトや前歯部の造骨を行って、審美性を考慮してブリッジタイプのインプラント補綴を行うところだろう。それにしても、昔のタイプのインプラントの方がけっこうもっていると思うのは私だけか?(長谷川)
 術前
 術後9年

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる