左右のバランス

左右のバランスがとれていることは、歯並びや、噛み合わせにおいても大切である。Aさんは左右のバランスが崩れたまま義歯が装着されていた。反対咬合は修正できなかったが、なんとか左右のバランスを修正して、義歯を落ち着かせることはできた。以前に比べて頻度は格段に減ったとはいえ、今でも時々義歯の調整を余儀なくされることがある。インプラントが使えればよいのだろうが、患者さんが希望されない場合には、それ以外の手技で対応しなければならない。インプラントより義歯の方がよっぽど難しいと思わせる例であった。(長谷川)
 
術前(左)術後(右)
 
術前(左)術後(右)
 
術前下義歯(左)術後(右)
 義歯の内面観
 阿部晴彦先生考案の分析装置を使うと・・・
 模型上で左右のバランスの程度、修正量がわかる

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる