骨幅確認

インプラントの周囲には、最低でも1.5ミリ程度の骨幅があったほうが、後で吸収しにくいという。前歯のインプラントのほっぺた側の骨幅の確保には特に気を使う。CT上では2ミリ強の骨幅が確認できた。裏側にはパーフォレーションしていないのが確認できた。今後は術前のシュミレーションの精度を上げて、審美のレベルをもっと上げていきたい。(長谷川)
 通常のレントゲン
 CTによるインプラント部の断面

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる