犬歯インプラント

1年前から、歯周病治療を始めたKさん。右上犬歯はぐらぐらで、保存不可能な状態だった。抜歯し、造骨、インプラント埋入、歯肉移植を行い、仮歯を調整して、本歯を装着した。論文上では歯周病であっても管理されていればインプラント成功率には影響しないというエビデンスがあるようだ。天然歯で再生療法を行ったところもあり、プラークコントロールは決していい方ではないので、今後の厳重なメンテナンスは必須だ。治療については協力的な方なので、今後の私の責任は大きい。(長谷川)
 術前
 術後
 上部構造(技工:成田デンタル)
 術前
 術後

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる