前歯のインプラント

保存不可能な前歯を抜歯したままにすると、周囲の骨の幅がやせてしまい、紙に様になってしまうことがある。紙のような幅の骨には、最低でも3㎜強ある直径のインプラントを入れる事が出来ない。紙のように骨が痩せないためには、抜歯した後、その穴に将来的に「骨に置き換わる粉状の材料」を詰めて、そうなるのを防ぐ方法がある。粉が骨に置き換わるのに最低でも4カ月はかかる。そんなこんなで今日、無事にインプラントが埋入できた。どんな技術でもそうだが、最初に考え付いた人の発想はすごいと思う。やることは簡単だけど。(長谷川)
 真ん中の歯が化膿して保存不可能な状態だった
 抜いた歯 歯根表面は汚染されていた
 抜いた後の穴(上から見たところ)
 将来骨に置き換わる材料を詰める
 粉が逃げないようにシートで覆う
 4カ月後、粉は骨に置き換わってインプラントが入れられた

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる