海賊とよばれた男

私(長谷川)が尊敬する福岡のM先生が、歯周病研究会の講演の中で推奨していた本です。出光興産の創業者をモデルにしたビジネス小説ですが、主人公以外はほぼ実名で登場していて、ほぼ史実に基づいたものと考えられます。文献や関連書籍を読まないと、どこまで脚色されているのかは分かりません。

先週土曜日に書店で購入し、夕方5時から読み始めて、夕飯をはさんで翌朝4時過ぎまで読み続けてしまいました。ほぼ半日で上巻を読破してしまったのです。夜2時にはいったん寝ようとしたのですが、ストーリーの行方が気になってしまい寝付けませんでした。決して読書家とは言えない自分が、読書でこんな思いをしたのは人生初です。

M先生は「泣きました」とおっしゃっていたが、いざ自分も読み始めると涙腺が緩みっぱなしでした。気骨のある男というのは、こう人のことを言うのか。こんなスケールの大きな人がいたのか。今スケールの小さい自分はどうすべきなのだろう。壮絶な主人公の人生を読みながら、様々なことを考えさせられる2冊でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる