第179回水道橋歯周病勉強会

5月9日は、水道橋東京歯科大学で行われている定例の歯周病勉強会に出席してきた。今年はアメリカ歯周病学会が編集した最新の歯周病治療のコンセンサスを指名された本会会員が、順番に解説することになった。かなりのページがさかれた長編である。学会が編集した論文にも様々な欠陥があるようで、こうした問題点もまとめて発表する会員は大変だ。骨の折れる作業ではありそうだが、10月が私の論文当番なので、しっかり読み込む時間はあるのが救いだ。また、「根面被覆」という興味あるテーマであることも幸いである。ただし、9月から北九州で半年にわたる咬合セミナーにも出る予定なので、最近はなかなか無い診療の合間に読んでおこう。手技や考え方のまとめを再認識するうえでも有意義だと思う。

15/05/18 15:55:29

15/05/18 15:55:29

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる