マリンバ演奏会と勉強会発表

12月に入って最初の週末に咬合勉強会での恒例の発表会がありました。演者が例年に比べて少なく、私は発表者の一人でしたが、その分長めの時間を割いていただけたので、ディスカッションも活発に行うことができました。懇親会では、御大、阿部晴彦先生から「今日の長谷川の症例発表は良かった。これぞ、シンラシステム(阿部先生が考案された咬合概念とそれを具現化する器具)だというのを見せてくれた。」という、私にとっては最高の誉め言葉をいただきました。勉強会の後は、上川明久先生のお知り合いの方でプロのマリンバ奏者がいて、その方の演奏会を勉強会の会場で会員の前だけで聴くことができました。いろいろ企画を考えていただける上川先生には感謝です。歯科の勉強会で音楽鑑賞をする会も、なかなかないのではないでしょうか?
mallet

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる