咬合研究会定例会

5月19日、20日は阿部晴彦先生や南カリフォルニア大学教授のソーシン先生らの名を冠したSAEY咬合研究会定例会が開催されました。総義歯の難症例のケース(歯茎に入れ歯が当たって痛くて噛めない)がいくつか提示されました。骨が尖っているところは外科処置で削らないと痛みがとれないことがあります。また足立区で開業され若手で優秀なF先生から咀嚼効率を計測する方法が紹介され大変参考になりました。総入れ歯で苦しんでいる患者さんに、もっと貢献できるように研鑽を積みたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる