再生療法の結果

半年前に欠損部へのインプラント埋入と隣の歯の歯周組織再生療法を同時に行いました。天然歯は当初、根っこを支えている骨が少なくなっていて動揺していましたが、最近になって、動揺がおさまり、患者さんには咬めるようになったと喜んでいただけました。術前と術後半年のCT画像を比較してみました(写真クリックで拡大して下さい)。歯とその周囲の骨の断面像では再生療法効果が確認できました。術前の骨の吸収の深さは大きいですが、欠損部は骨壁に囲まれていたのと欠損の幅が小さいので再生療法には向いているケースだと思います。最近、患者さんの電話での問い合わせが多いですが、万能な方法はなく、再生療法も適応症の選択が大事になってきます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる