理想の具現化にむけて(東京大手町勤務歯科医の全顎治療ブログ)

前回のブログの続きです。崩壊した咬み合わせや個々の歯の形の修復イメージが模型上でできれば、後はひたすら患者さんの口の中で具現化するだけです。前歯部の長期的な予後を考えると、臼歯欠損部はできればインプラントで支えて前歯部負担を減らすことが望ましいケースでしたが、部分入れ歯での対応を希望されたので、それに応じた前歯被せものの設計、義歯の設計をどうするかが大事なポイントになります。患者さん側の制約があると難しくなることがあります。自分の手と頭でどう表現するか。自然治癒の無い歯牙や欠損は人工物で形作り、審美と機能を回復するしかありません。あたかも美術作品を作るような感覚は創造力が掻き立てられ、一つの歯科治療の醍醐味と言えるかもしれません。完成まで、もう少しです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる