患者さんに優しい再生療法(東京大手町勤務歯科医の再生療法、全顎治療ブログ)

コロナ騒ぎ前に受講した実習付きセミナーの技術を試す機会がようやく訪れました。コロナで中止になっていたMISTと呼ばれる歯周組織再生療法の実践です。これを行うにはマイクロスコープか5倍以上の拡大鏡がないと困難と言われています。またマイクロメスなどの細かい器具、細い縫合糸などが必要になります。今回はマイクロスコープ下で行いました。歯肉切開や剥離を極力少なくすることで手術によるダメージを極力小さくし、明視野にするために大きく歯肉を開けて行う従来のやり方より、前歯などの審美領域では良好な予後が期待できるとされています。ある意味患者さんにやさしい再生療法と言えるかもしれません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる