入れ歯新製による機能と審美性の改善(東京大手町勤務歯科医の咬合再構成・全顎治療ブログ)

60代男性の方でした。上の入れ歯が真っ二つに割れてお見えになりました。とりあえず応急処置として修理した後、入れ歯を新しくすることを望まれました。今までの入れ歯と下顎の被せ物の問題点を指摘し、これらを修正した形で義歯を新製することになりました。下はまだ仮歯ですが、口元の見た目が改善され、安定剤を使用しなくてよくなり、荒れていた粘膜も改善しました。現在、下の最終的な被せものを技工所に作ってもらっている段階です。

術前
術中
咬合平面がひん曲がっていました。これでは顎を前に動かした時に入れ歯が前に押されて外れやすいと思います。
術前(上)と術中の模型。咬合平面を真っ直ぐに修正しました。
根管治療を行って歯肉のおでき状のものが消失しました。
人工歯の配列位置を変えることにより、落ちくぼんでいた口元を改善しました(上口唇の見え方)。
ピタッとする入れ歯をつくることができ、安定剤は不要になりました。
術前(左写真)にあった歯茎の赤みもとれてきました。
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる