包括歯科臨床

昨年亡くなられた歯科界の巨匠、筒井昌秀先生の著書を最近また読みだしている。咬合と全身の不定愁訴とは関連していることが多く、それをご自身の臨床を通じて後世に伝えることがライフワークのひとつであったことが、ひしひしと伝わってくる。インプラントや矯正、歯周外科等の個々の技術のハイレベルさは、あくまでも咬合を通じて全身を改善するための一部でしかないことが、よくわかる。
咬合の改善度合も、顎運動や左右のバランスを測定するME機器を用いて、客観的に評価しようとしている。直接の師匠もなく、独自で真理を追及する様は鬼気迫るものがある。
仕事の追及に終わりはないことを痛切に感じざるを得ない。(長谷川)

イラストで見る筒井昌秀の臨床テクニック イラストで見る筒井昌秀の臨床テクニック
(2004/11)
筒井 昌秀佐竹田 久商品詳細を見る
包括歯科臨床 包括歯科臨床
(2003/02)
筒井 昌秀筒井 照子商品詳細を見る
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる