抜歯穴保存術

抜歯後、そのまま放置すると、骨がやせてしまい、後々インプラントがやりずらくなってしまうため、抜歯してできた穴に骨を誘導する材料を埋めて、骨がやせないようにしようという処置を行った。福岡のY先生から教わったオリジナルのやり方から多少自分がやりやすいようにアレンジして最近は行っている。Aさんの前歯は根管治療の失敗で歯根の壁に穴が開いている状態で保存不可能であった。このケースなら即時にインプラントを埋入する先生もいるだろうが、Y先生は即時埋入否定派だ。とりあえず安全策の抜歯穴保存術で今回も対応した。4カ月後にインプラント埋入予定。抜歯即時インプラント埋入に比べてゴールまで数カ月遅れるが、確実性とストレスの無さでは抜歯穴保存術のほうが優るのではないか。ただ、時代の流れに遅れぬように一つのやり方に固執しないようにはしたい。(長谷川)

 術前レントゲン 差し歯の隣が問題の歯

 歯肉が化膿している

 抜歯直後

 骨誘導材で穴をうめる

 膜で覆う

 仮歯装着

 抜いた歯 歯根に穴が開いていた

 術後のレントゲン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる