今日のインプラント

ブリッジの奥の冠が知らないうちに外れて、歯髄炎になってしまったOLのAさん。神経をとって、根管治療が終わり、もう一度ブリッジにしますかと聞いたところ、また同じ目に会う(虫歯になる)のは嫌だとのことでインプラントを選択された。虫歯の治療の時は、必ずと言っていいほど、大量の冷や汗をかくAさんだったが、何故か今日のオペは平静だった。女性の方のほうがいざという時は肝っ玉が座っている傾向は、こんな時でも感じられた。オペ自体は最も簡単なケース。臼歯部なのでストローマン社製のインプラントを選択した。(長谷川)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる