丸善

来月のプレゼンで取り上げる論文が、耳鼻咽喉科用語を多数含んでいるので、理解不十分なところがある。仕事が終わってから書店に行こうと決めていたのだが、診療所の場所が大きい書店に行くのにいい位置にある。医学歯学の専門書が充実しているところとなると、八重洲ブックセンターやオアゾの中の書店がある。八重洲ブックセンターは近くて大きいが、帰り道と反対側だ。オアゾは東京駅を越えなければならないので、わざわざ足を伸ばそうと思うと、うーんという感じだ。という事で、帰り道沿いにあり、新しく明るい雰囲気で、医学専門書も充実している丸善に出かけ耳鼻科のコーナーへ。英語医学用語で医学用語辞典に出ていない用語を各専門書の索引から探してみた。場合によっては、いい本があれば1冊買ってもいいかなと思っていたのだが、1冊1万円以上はする専門書はよほど気に入らないと買わない主義で、これはというものは特になかった。特に鼻の内視鏡手術について図解入りのものを探したが意外にない。自分の疑問に対しては、完全ではないがある程度解決できたので、医学コーナーを後にした。同じフロアにある洋書コーナーへ行き、耳鼻科の専門書の代わりに買ったのが、下の写真の本。ほんとにこれでプレゼンうまくなるのかなと思いつつ帰りの電車で読み始めた。読後感がこのブログで書けるのはいつのことやら。(長谷川)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる