インプラント周囲炎、歯周炎での造骨

奥歯の欠損をインプラントで再建したいが、過去のインプラント周囲炎と歯周炎で骨がオリジナルの状態から広範囲に溶けてしまっているため、骨造りから始めなければならない症例。ようするに、マイナスからのスタートだ。
福岡天神で開業の手術の神様と言われるY先生に事前に、「粘膜を2枚に割いて伸ばす」アドバイスをいただいた。しかし、実際の粘膜は2枚に割くには薄いと判断し、通方(減張切開(粘膜を1枚のままで伸ばす)のみ)で処置をした。
半年後にインプラントを埋入する予定。日々是戦い。今晩は半分自棄酒だ。責任は果たしたい。(長谷川)

レントゲン術前、骨が広範囲に溶けてしまっている(左)造骨術後(右)

術前、欠損部の陥凹が著しい(左)術後、若干改善できたか・・・(右)


上方から見た骨欠損(左上)骨に置き換わる材料で満たす(右上)膜で覆う(左下)縫合(右下)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる