インプラント埋入前の根管治療

前歯の欠損にインプラントを入れたいが、隣の歯の膿の袋(左写真の根っこの先から広がっている黒い部分)が欠損部に及んでしまっている。このため、根管治療後に骨が再生するのを待っていたケース。根管治療後6カ月で、ようやく改善の兆しが見えた(右写真)。治らない場合は、根尖の一部と膿の袋をとっちゃう手術もあるが、欠損部に造骨も必要なため、できれば根管治療が奏功して、外科的侵襲を最小限に抑えたいと思っていた。患者さんは「いつになっても待ちますから、一番安全な方法でやって下さい」とのこと。CTで確認し、ようやくインプラント埋入することに。根尖の感染部分はマイクロスコープだって見えるわけではない。治すのは、あくまでも術者の知識と技量である。なーんちゃって。マイクロ欲しいなあ・・・(長谷川)

根管治療前(左)根管治療後半年(右)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる