不思議なもので・・・

不思議なもので、かみ合わせのセミナーを受けていると、その技術が必要な患者さんがいらっしゃいます。不思議なもので、矯正のセミナーを受けていると、歯を動かしてほしいという患者さんがいらっしゃいます。不思議なもので、総入れ歯のセミナーをうけていると、都心では少ない総入れ歯の患者さんがいらっしゃいます。
私の英語がへたくそなうちは、外国人患者さんがいらしても、検診とクリーニングをして「ノープロブレム」と言って終わってしまう事がほとんどでした。しかし、今年3月に英検1級に合格すると、不思議なもので、外国人患者が増えただけでなく、治療についていろいろ説明しなければならない場合がほとんどとなってしまいました。きょうも、他の医院さんに行かれて治療がうまくいかず不満をもたれた米国人患者さんがいらっしゃいました。治療終了前後で、いつものように表現力不足はホワイトボードに図を書いて説明したところ、非常に納得された様子でした。「また、何かあったら、こっちにくるよ」と言って下さいました。
勉強そのものが目的ではなく、勉強で得た知識や技術を、人様に役立てるのが、本来の勉強の目的だと自分では思います。英語もTOEIC満点とか英検1級取得が目的ではなく、その技能を使ってどう役立てるかが大事だと思います。
今日の昼休みを利用して、技工作業をしました。現在受講中の噛み合わせセミナーで学んだ技術が、早くも自分の患者さんで活かせるかと思うと、わくわくします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる