歯の移植

どうしても保存できなくて歯を抜いた場合、その補てん方法は、入れ歯、ブリッジ、インプラント、移植があります。入れ歯の取り外しが嫌だったり、ブリッジの際に行われる隣の歯を削らるのが嫌な方はインプラントか移植になるのですが、このケースは患者さんの希望で移植となりました。今ではしっかり咬めているとのことです。

21 - コピー

下左から2番目の歯はボロボロで抜かざるを得ない状況です。上一番左の親不知をその部分に移植する計画をたてました。

22 - コピー

移植直後。抜いた後の穴にはピッタリあうことはなく、ぶかぶかなので移植歯と骨との間に隙間が見えます。

23 - コピー

根管治療をして約1年後。骨がよってきてくっついたのが確認できました。歯根膜という根の周りにあるショックアブソーバーの層も見られ、骨と癒着していない(癒着すると歯根吸収を起こして脱落する)ことが確認できました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる