スイス人眼科医観光客

Xray and photo

急患の外国人。パレスホテルに泊まっていて、急にスイスで治療した歯が痛くなったという。翌週から京都に旅行に行くので何とかしてほしいとのこと。医者なので鎮痛剤はいっぱい持っているとのことだった。痛みがある歯は大臼歯で根管治療がされていた。詰め物を外したところ、幸い未処置の根が見つかった。要は神経をとっていない根があり、それが炎症をおこしていた。原因がはっきりしていたので助かった。しかも治療しやすい口蓋根だったのも幸い。痛みが止まり、無事に京都観光を楽しまれたようだ。他の根のやり直しもあり得たが、滞在日数の関係でとてもそんな時間はない。説明の時に使ったレントゲンと歯の写真がほしいというので、メールで送った。スイスは訴訟社会かどうかは知らないが、決して前医を責めないでくれとお願いしたところ、「私も医者だから見落としがまれにあるのは理解できる。治療というのはうまくいかないこともあるから。」と返してきた。拙い英語でのやりとりのなかで、ベルンがカタカナ発音になってしまい、なかなか通じなかった。スイスに来たら、私が案内するからと外交辞令で言っていただいたが、そんな身分になれるかどうか。

21

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる