全体治療(フルマウス)のシミュレーション


欠損部のインプラント治療を希望されている患者さんの術前シミュレーションを蝋(ワックス)で行っている様子です。実際にはこれの型をとり合成樹脂を流して固めて白い仮歯に置き換えたりするので決して赤い歯が入るわけではありません。下の前歯を削らずにそのままで行おうとすると、上の前歯はかなり出っ歯になってしまいます(写真右上)。下の前歯を被せもので形を修正するといいあんばいになりそうです。こうした作業を診断用ワックスアップと呼んでいますが、診療台で患者さんに直接行う治療行為以外の歯科医の仕事です。技工士さんではありません。と、師匠の一人である阿部晴彦先生の教えを極力守るようにしています。写真にあるようないくつかのパターンを用意し、患者さんの説明に役立てます。こうした作業はある程度まとまった時間が必要なので、診療が始まる前の早朝、診療が終わってから終電までの時間、休日などに行っています。やってみると、あーでもない、こーでもないと思っているうちに、はまってしまいどんどん時間が過ぎてしまいます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる