すれ違い咬合一歩手前(東京大手町勤務歯科医の全顎治療ブログ)

すれ違い咬合一歩手前の状態の患者さん。次々と歯がわれて抜歯となり、上の残存歯の相手が下の欠損、下の残存歯の相手が上の欠損という最悪のパターンを迎えつつあります。こうなってしまうと入れ歯をいれても歯茎が痛くて噛めない、入れ歯が頻繁に壊れる等の悪循環です。この崩壊を止めるには欠損部にインプラントを入れて残存歯の相手をつくるか、残存歯を抜いて総入れ歯にするしかありません。自分でワックスアップという作業を行い(白い部分がワックス)、治療像をイメージします。顔貌と調和した咬合をどう再建するか、シンラシステムという一連の器具が、その大きな助けとなってくれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる