咬合崩壊をインプラントで救えるか(東京大手町勤務歯科医の全顎治療ブログ)

すれ違い咬合と言われる厄介な状況をご存知でしょうか。上の歯の相手の下の歯がない、下の歯が相手の上の歯がない、上下の歯どうしの接触が全くない状況のことです。上の歯と下の歯の接触が多く残っているほど咀嚼するうえでは良い状況と言えるのですが、すれ違い咬合になると、そのままの状況で入れ歯を作っても、入れ歯がたわんでしまい、よく噛めない、入れ歯が壊れるなどの状態になる事が多いです。これを回避するには上の歯全部か下の歯全部を抜いて、上か下かのどちらかを総入れ歯にするか、上下とも総入れ歯にするという選択肢があります。それか欠損部にインプラントを入れて天然歯の相手とする方法が考えられます。写真のケースはインプラントですれ違い状態を回避しようとしている症例です。まだ治療途中ですが患者さんは久しぶりに良く噛めると喜んでいます。しかし、本当に咬み合わせの崩壊が止められるかどうかは長期的な観察が必要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる