すれ違い咬合はインプラントで救えるか(東京大手町勤務歯科医の咬合再構成・全顎治療ブログ)


以前にもブログで取り上げたフルマウスリコンストラクション(咬合再構成)のケースです。矯正の分析により、歯があったころは反対咬合(咬んだ時に下の前歯が上の前歯より前に突き出ている)と考えられる方でした。残りの歯が次々歯根破折で割れてしまい、マスコミを通じてインプラントの悪い評判を聞いたためか一時期は部分入れ歯を入れたのですが、これでは講演活動ができないとの事でインプラントを選択されました。治療終了後は久しぶりにご飯がおいしく食べられると喜んでいただけました。歯科医としてやりがいを感じる瞬間でしたが、本当の勝負はこれからです。今後咬合崩壊を食い止められるのかどうか、しっかり経過観察していきたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる