道半ば(東京大手町勤務歯科医の全顎治療ブログ)

咬み合わせが3次元的にひん曲がってしまっていた方でした。当然満足いく食事ができません。分析機器で咬み合わせを、左右前後的に調和のとれた形にするにはどうしたらいいかを模型上でシミュレーションし、先日仮義歯と仮歯を装着しました。シンラシステムという咬合分析機器がなければ治療の青写真が適切に描くのが困難なケースです。義歯に慣れてきて最近は食事もうまくとれるようになったばかりか周囲から顔が生き生きとしてきたと言われるようになったとのことでした。まだ道半ばですが、患者さんも私も仕上がりが楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる