緊急事態解除をうけて(東京大手町勤務歯科医のインプラントブログ)

6月から当院も通常診療に戻しています。前歯の無くなった方のインプラント治療が不要不休かどうかの議論はさておき、緊急事態宣言が出されてからずっとお待ちいただいていた患者さんの手術が先日無事終わりました。今日は縫合糸抜きで来院されたのですが、術後の腫れも少なく、痛みもほとんどなかったとのことでホッとしました。また人工膜の露出もなく経過良好でした。今後は若干の骨造成も伴ったので約4か月待機していただいて、インプラント体から立ち上がる土台と被せものを製作する予定です。当院に来るまで、何件もの歯科医院を回られ、様々な説明を受けられたようです。私が一通りの説明をした後、「私より上手な先生はいくらでもいますし、○○さんが一番いいと思われたところで手術されて、○○さんが満足されることが一番大事だと思います。」と申し上げたところ、「いや、ここが一番安心できます。」とおっしゃり当院を選んでいただきました。
6月から定期検診、クリーニングも再開しました。これまで以上に徹底した衛生管理、感染防止対策を十分に行った上で診療させていただいております。4月、5月と受診を控えられていた患者さんがだいぶ戻られてきて、そのありがたみをひしひしと感じております。(長谷川)

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる